JTC日タイ交流会話クラブ คลับพูดคุยภาษาญี่ปุ่นกับคนญี่ปุ่น

日本語タイ語英語の言語交換・語学交流会 バンコク毎月1-2回日曜夕方 2010~ กิจกรรม พูดคุยแลกเปลี่ยนภาษากับคนญี่ปุ่นจัดขึ้นที่กรุงเทพฯ เดือนละ1-2ครั้ง ในวันอาทิตย์ตอนเย็น

タイの天然ガス火力発電事業の株式28%を東京ガスが取得!

      2019/09/27

タイの天然ガス火力発電事業に東京ガスが参画したというニュースです。タイの電力市場は毎年3%成長しています。サムットプラカーン県の発電所運営会社の株取得です。

タイ王国における天然ガス火力発電事業への参画について

このたび、タイ王国において天然ガス火力発電所「バンボー発電所」(以下「本発電所」)を所有・運営するイースタンパワー&エレクトリックカンパニー社の株式28%を、トタルガス&パワータイランド社から取得しました。東京ガスが東南アジアにて発電事業へ参画するのは初めてとなります。

http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20161003-06.html

 - バンコク・タイのビジネス


今すぐ日タイ交流会バンコクに申し込む!
สมัครJTCกรุงเทพฯตอนนี้! เพื่อนชาวญี่ปุ่นรออยู่
2020年2月16日(日) 17:00-19:00 (地図)
16/Feb/2020(sun) 17:00-19:00 (แผนที่)

jtc_advertise2

 タイ人男性 ชายไทย 満席 เต็มแล้ว

※送信後の確認メールはありませんが送信後に画面が切り替わり「メッセージを送信しました」と出れば送信完了です

※หลังจากได้ทำการลงทะเบียนแล้ว ภาพหน้าจอจะปรากฎข้อความภาษาญี่ปุ่นว่า ”メッセージを送信しました” (แปลว่าส่งข้อความเรียบร้อยแล้ว) ถือว่าท่านได้ลงทะเบียนเรียบร้อยแล้ว

※Map: 地図 แผนที่
※Email: info@jtcbkk.com
JTC運営スタッフ募集中! ร่วมงานกับเรา!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS Feed
この記事が気に入って頂けましたらシェアをお願いいたします とても励みになります
หากท่านชื่นชอบบทความนี้ ขอความกรุณาช่วยกดแชร์ให้หน่อยนะคะ เพื่อเป็นกำลังใจให้พวกเรานะคะ



  関連記事

バンコクのスタートアップ ゲットリンクス資金調達
バンコクのGetLinksは50万ドル調達、テクノロジー求人容易に

テクノロジー関連のトップ人材の採用支援、バンコクスタートアップGetLinksは …

バンコク 英会話 英語学校
バンコクで英会話を学ぶ日本人増加!日本人向け学校も

最近はフィリピンへの英語留学が盛んですが、バンコクも授業料が安くて外国人も多いこ …

アセアン
東南アジアにインターネットブームが来る3つの理由の感想

2013年のデータになりますがアセアン6億8000万人の内インターネット使用者は …

1000日目の先輩に聞け バンめし
タイで働く日本人「1000日目の先輩に聞け」が役立つ!バンめし

タイのレストランガイドのフリーペーパー「バンめし」はウェブサイトも運営しています …

シェアリングエコノミー型ビジネス
タイにも押し寄せるシェアリングエコノミー型ビジネス!

住空間シェアのAirbnb、カーシェアリングのGrabtaxiやUberは既にタ …

タイの日系企業、伸びしろはここに!ビジネスの副産物を売る

次のビジネスチャンスを模索する企業のヒントになる話です。主力製品、サービスの提供 …

独特の価値 日本語で教える
タイなどの世界に出るならルールを生み出し現地人に学ばせる!

よく日本人が外国で働くなら現地語を学ばなければならないという話を聞きますが、昔ド …

タイ人 日本人 違い
タイ人スタッフと日本人スタッフの違いはこんなところ!比較記事

タイ人と日本人の同じ部分と違う部分を両方分析してある記事です。確かにその通りと思 …

アジア労働人口推移
タイ労働人口、今後50年の減速図がすごい!フィリピン一人勝ち

タイの労働人口は下がる一方ですが、唯一の勝ち組フィリピンは今後50年、ずっと上昇 …

タイ 駐在員 国際的アイデンティティー 辞めさせない方法
タイ駐在員は帰任後に辞めやすい!原因と辞めさせない方法は?

タイなど世界に赴任したことのある社員は帰国後に自らの国際的アイデンティティーと日 …